読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memo

In this moment now capture it, remember it

『黄金境界』『うるしのかたち』

夏休みに東京藝大の漆塗り講座に参加した際にお世話になった先生たちの展示会があったので、東京藝大美術館に行ってきました。(あ、写真撮るのわすれた!)

 

まずは三田村有純先生退任記念の展示『黄金境界』

漆塗りの作品展示に行くのが初めてだったのですが、すごくモダン!日本の伝統的な技法というと、昔ながらの椿とか鶴とかのモチーフばかりかと思ったら、宇宙とか夜空が多かったり教会みたいな建物があったりしました。

その宇宙や夜空に漆の黒、とても深淵で吸い込まれそうな色で、とても魅力的でした。色の奥行きの出しかたがすごかった。そこにきれいにまかれた金粉の映えかたが見事でした(講座のときに少しやらせてもらいましたが、すごく難しかったのですごさが多少わかる(笑))。

油絵とかだとモチーフの意味や、新しい表現方法とかの美術史の知識を入れ込まなきゃいけないけど、漆塗りは油絵でいうところの印象派みたいな表面的なところがあるから、素人でもすごく分かりやすいから、こんなにすてきなことをしているんだ✨という発見がありました!

その他には、空間展示というか、小さな和室に障子の空間に漆塗りで、伝統的なものを継承していくことの紹介もされていました。新しいことをしながらきちんと過去も繋いでいっている三田村先生が本当にすごいなと思いました。

 

「うるしのかたち」

同じ東京芸大内で開催されていた藝大の漆芸に所属している、されていた人たちの作品展。いろんな人が様々なことをやっていて、漆は技法でなんでもつくれて、本当にどれも素敵でした!和と洋風のどの空間に置いても違和感がまったくないもので、そんなアートの存在を今までみたことがなかったから、漆の可能性ってすごいなぁと思いました!フクロウの作品があったんだけど、面の取り方というのかボキャブラリーがないから難しいんだけどカクカクした感じと、漆のツルツル感がまさにCGみたいで、現代アートだった!!

 

また機会があったら色々とみていきたいなと思います。

広告を非表示にする